どうにかできないの?誰にも言えない小陰唇の悩み


私の、なんだか人と違うみたい…?

小陰唇とは、女性器の一部で、膣口の周りのビラビラした肉ヒダのことを言いますが、女性の数だけ形も大きさもさまざまです。個性があって当たり前と思えればいいのですが、標準的な形のイメージがあるためか、その形や大きさに悩む女性は少なからずいるようです。例えば、真っ直ぐ立ったときに大陰唇から3センチもはみ出て垂れ下がっている、片方だけ大きいなど左右の大きさや形の不揃いなどです。大きさや形の他にも、その黒ずみも悩みのひとつだったりします。これらの理由で、セックスの際見られたら恥ずかしいからと積極的になれなかったり、彼氏から指摘されて傷ついたり、形や色だけでなく、自転車に乗ったときや身体にフィットしたズボンを履いたときに下着と擦れて痛みがあるなど場合もあり、悩みは尽きないのです。こうなると、何らかの対策が必要となってきますね。

小陰唇の悩みは思い切って手術で解決!

小陰唇の手術について考えたときは、形成外科やウイメンズクリニックで相談すればよいでしょう。それぞれの病院やクリニックのサイトに行けば、医師やスタッフが全員女性であるか、とか、具体的な手術の方法や費用まで知ることができます。レーザーや高周波メスを使って出血も少ない自然な仕上がりにしてもらえるようですよ。余分なところをカットしてしまうので、黒ずみも解消しますね。

忘れてはならないのが小陰唇の元々の役割です。左右ぴったりくっついて割れ目を閉じることで、膣などへの細菌の侵入を防ぐ働きをしているのです。ですから、切りすぎることがないよう、医師との話し合いは十分にしましょう。

小陰唇 手術」と誰に相談すればいいのか悩んで検索する方も多いようです。美容外科や形成外科ではなんと30分前後で手術が終わります。長く悩むよりまずは相談する価値がありそうです。

性交痛の原因が見つかる
他の記事