あなたは活用していますか?CADを使った設計業務!


CADとはどんなもの

CADは「Computer Asisted Drafting(コンピューターを用いた製図(システム))」の略号です。場合により「Computer-aided design」コンピュータ支援設計とされる場合もあります。
どちらにせよコンピューターを用いて設計・製図をすると言うことです。
CADの中にも2次元CAD(2D-CAD)、3次元CAD(3D-CAD)という風に分類されます。
通常の設計であれば2D-CADで充分で、使用するパソコンもそれほど処理能力の高いものは必要ありません。3D-CADになると再描写(redraw)する際に時間が掛かったりしますので、より処理能力の高いパソコン、高速な描写が出来るグラフィックチップを搭載したパソコンがおすすめです。

CADはなぜ便利なのか?

化学プラントの設計業務では、プロセスフローシート、配管図、基礎図などをCADで設計・製図することになります。
CADを使用すると、現場に合わせた正しい寸法で描写でき、設計思想が正しいか、既設の構築物と干渉しないかなどを画面上で確認しながら設計を進めることが出来ます。また、コピー&ペーストで過去に作成したCAD図面を転用したり、また間違いがあった場合、施工後に改造した場合などでも簡単に図面を修正する事ができるのです。
そして、3D-CADでは、設計した機械設備で動作させた際に、機械同士が接触しないかを画面上で軸を回転させてチェックすることもできます。実際に製作してから不備があることが判ったら、目も当てられません。これをチェックできるのがCADの利点になります。

水道CADとは、パソコンで上水道工事の図面や申請書類を作成することができるソフトです。ソフトには、地面や申請書で使用する専用記号が搭載されているため、手作業よりも正確で綺麗に作成することができます。