合宿免許の自動車学校に入校して車の免許を取得する


教習所のタイプについて

日本で自動車の運転免許を取得するためには、教習所に通う事がほとんどです。その教習所は、自宅最寄りの一般的な教習所か合宿免許タイプの教習所に分かれており、後者に関しては遠方の教習所に入校するケースが多く、住民票を置いているエリアの教習所に入校出来ないルールになっています。

合宿免許タイプの教習所に入る方法と魅力

合宿免許タイプの教習所に入る方法は、まず初めに合宿免許を提供している斡旋業者に、サイト経由か電話などで申し込みを行い、スケジュールが確定すれば予約申し込み完了となります。合宿費用は、クレジットカードの一括・分割払い・銀行振り込みが可能ですので、自分のスタイルに合った支払い方法を選択するのがおすすめです。

合宿免許の最大の魅力は、滞在初日から最終日まで教習所近くの宿泊施設に滞在出来て、尚且つ3食がセットになっている事から、滞在中はほとんど出費をする事なく過ごせます。更に、休校日が設けられている教習所の場合は、観光ツアー・ゴルフ場利用といった楽しみ方も可能なので、休みの日の過ごし方も考えておくようにしましょう。

合宿免許の延長保証はどうなっている?

教習所を使う際に最も心配する点と言えば、技能教習に失敗して再教習を受けなければいけない事ですが、それに備えた保証を多くの合宿免許で準備しています。追加料金なしで無制限に延長が可能なケース・年齢によって延長保証時間数が区切られているケースがありますので、20代後半・30代の方が入校する場合は、延長保証の条件について調べておく事も大切です。

合宿免許を利用すれば旅行感覚で宿泊しながら免許を取得できます。気分も楽に運転免許を取得できるのでリラックスして望むことができます。